海外ドラマ

「美肌菌」を育てる、肌断食と朝の洗顔がカギらしい?

「美肌菌」って、ご存知ですか?
肌にも菌(常在菌)があるのって、知ってますよね?
 
その種類は7~10種類くらいといわれているらしいです。
しかも、善玉・悪玉両方あるんですって。
 
「美肌菌」を上手に育てると、美肌になれる?本当かしら?

 

「美肌菌」を育てる人の肌には、常に菌がいるわけです。
 
この菌のバランスと肌状態には、
実は密接な関わりがある・・・・ ということが、
明らかになっているらしいです。

 

 

 

 

肌の常在菌には、「美肌菌」と「悪玉菌」があるらしいです。
どこにも、悪玉菌ってあるのねー・・・

 

でもって、やっぱり悪玉菌が増えすぎると、バリア機能が低下して、
乾燥や肌荒れの原因にもなるんですって。
 
アトピー性皮膚炎の人などは、この悪玉菌が通常の人よりも増えている・・・
ということが確認されているみたいです。

 

肌の常在菌である、悪玉菌は美肌菌の働きによって、
多からず少なからず、一定の量を保っているらしいです。

なので、なるべく悪玉菌を増やすことなく美肌菌を育てていくことが、
美肌効果アップで、ツルツル肌になるということ。

 

美肌菌の育て方。
それは、基本的なことでした・・・・

 

 

「洗いすぎをSTOP!」洗顔ひとつで美肌菌が増えるのだ!!

洗顔ひとつで美肌菌が増える 美肌菌は「表皮ブドウ球菌」
バリア機能を保ってくれて、抗菌ペプチドを作り出しつつ、悪玉菌を増やすのを防ぐ役割をしています。

 

 

一方、悪玉菌は「黄色ブドウ球菌」
バリア機能の形成を妨げ乾燥を導き、増殖するとアトピーや皮膚疾患にもなるらしい。
 

悪玉菌はすべてやっつける!!
っていうことではなく、増殖するのを抑えてあげれば、
美肌菌が育つということなんですわ!!
 

悪玉菌を増やしてしまう原因の一つが、洗顔!!
 

洗いすぎ!!が一番のもとになるらしい。
 

このブログでもご紹介していますが、「・・・・・しすぎ!」
っていうのが一番ダメね。
 

洗いすぎっていうのは、ゴシゴシ擦ったり、
「汚れが落ちてないのでは?」って思って、クレンジング&洗顔を念入りにすること。

 

洗いすぎると、バリア機能が破壊され、
常在菌もすべて落としてしまう可能性が・・・
 
一度流れた菌がもとに戻るまで、なんと12時間かかるらしいんですよ^^
 
これはいかんでしょう!!
 
洗顔って、美肌つくりには本当に大事なんです!!
 

では、どういう洗顔がいいか?
っていうと、「朝の水洗顔」がいいらしいです。
 
私はまだ水だけの洗顔ってやったことがないのですが、
水だけでも、ほこりや汗などの汚れは落とせるらしいです。
 
朝は、余分な皮脂やホコリ・汗のよごれくらいでしょう?
っていうのも、ファンデなどを塗っていないので、
油性の汚れはないはずなんですよね^^

 

肌は夜生まれ変わります。

 
夜の洗顔は、メイクなどの油性の汚れはメイク落としでしっかり落とし、
水性の汚れは、洗顔料で落とす。
 

過剰なスキンケアはあまりしない!!
 

これだけで、美肌菌は増えるらしいです。
 

肌はちゃんと自分で潤うことができます。
ただ、汚れを落とすっていうことができないので、
正しい洗顔方法で、しっかり落とす。
 

界面活性剤などを含まない、自然派の洗顔料で、
正しい洗顔して「美肌菌」を増やしツルツル素肌を目指しましょう!!

 

 

 

  • ランキングに参加しています。

今日の記事、お役に立ちましたか?


あなたのぽちっとが、元気のミナモトです!!

コメントを残す

このページの先頭へ