海外ドラマ

すっぴん美肌をつくるためにファンデーションを見直しましょう。

すっぴん美肌って、素肌美人さんってことね。
50代になっても、やっぱりそこを目指したいもの。

 

お肌に悪いものはのせない!!
 

そのためには、まずファンデーションを見直してみる?

 

 

 

一般的なファンデーションの成分でご存知ですか?
 

私も今まで気にしなかったんですが、まーいろいろな成分が含まれているのね。

 

例えば、ファンデーションがさーっと伸びるために使われる成分や、
香料・色素などに使われているタール系など。

 

いわゆる、合成界面活性剤とかシリコン系とか防腐剤とかがそれに当たります。
一般的なファンデーションも、ミネラルファンデーションも、
肌が乾燥しないように、潤うように・・・・ってたくさんの美容成分が入っていますよね。

 

それに、成分表もパッケージの裏に小さい文字でたくさん書かれているけれども、
なんかよくわからんよね?
ていうのが本音のような気がします。

 

私も45歳位までは、普通の一般的なファンデーションを使っていたわけね。

 

 

お肌の調子が悪かったか?って言えばそうでもなく・・・
ただ、やっぱり塗っている感があったよねーって感じです。
(今振り返るとね・・・)

 

この塗っている感から解放するには、ファンデーションを塗らない!!
もしくは、ファンデーションを軽いものにする・・・という選択肢です。

 

 

 

大人の肌はどんなファンデーションがいいのか?

ファンデーションを見直そう メイクって、女子にとっては楽しいもの!!

肌のトラブルをカバーするものだけでは
ありませんよね?

 

 

 

メイク・アイテムとかを試すのも、幾つになってもワクワクしますよね。

 

ファンデーションも一緒で、メイクをしたんだからやっぱりキレイにみせたいじゃない?

 

その前に、素肌のことを考える・・・
っていうも、ちょっとなーって思うわけ。

 

でもね。

逆を言えば、素肌がキレイだとどんなメイクをしても、
ばっちり決まるわけよ。

 

今私の肌のアンバイは、昔よりもすこぶるいいので、
どんなファンデーションでも、大丈夫かもなーって思うんです。

 

何でもこいっ!!状態を目指すために、ファンデーションをちょっと見直してみましょう。

 

肌に悪い成分は極力避ける。

これは、界面活性剤とか防腐剤が入っていないモノや、よろしくない油などを、
使っていないアイテムを選びましょうっていうこと。
界面活性剤と防腐剤は、肌を乾燥させてバリア機能を壊していきます。
パッケージなどやWEBなどで、成分表を確かめてみましょう。

 

 

多くを重ねないで済むようなものを選びましょう。

化粧下地なども、極力使わなくてもいいようなファンデを選びましょう。
っていうか、化粧下地は使わないことです。

 

 

リキッド系はなるべく避けましょう。

リキッドは、お肌に密着するようにできているので、
毛穴に入り込み、皮膚呼吸の妨げになるそうです。
っていうことは、お肌の負担は増すばかりです。
リキッドよりもパウダーをできるだけチョイスするといいです。

 

まとめると・・・・

肌に負担が出来るだけかからない
パウダーファンデを選びましょう!!

 

っていうことになりますね^^

 

最初は、ちょっと抵抗があるかと思いますが、
すっぴんがキレイになると、メイク・アイテムも選び放題になります。
ちょっとの我慢が、すっぴん美肌を作りますよ^^

 

 

 

  • ランキングに参加しています。

今日の記事、お役に立ちましたか?


あなたのぽちっとが、元気のミナモトです!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ