海外ドラマ

正しい洗顔石けんの選び方│肌質も年齢も関係なし?

洗顔石けん&フォームの正しい選び方って、どんなんでしょう?

 

正しい洗顔方法をすれば、実は肌質も年齢も関係なし!!
洗顔石けんは、美肌効果を生み出すですよね。

 

ただ、肌が弱っている場合は保湿成分が必要なので、
やっぱり石けんの成分で正しく選んでいきましょう。

 

 

 

正しい洗顔石けんの選び方│肌質も年齢も関係なし? 洗顔石けん(今回は泡の場合ですが)
正しく泡立てて、優しく洗ってあげれば
美肌効果は絶大です。

 

 

 

 

それに洗顔石けんは、天然の洗浄成分のみで作られている場合のモノを、
使用することで、肌質も年齢も関係なく使うことができます。

 

  • 乾燥肌
  • 混合肌
  • オイリー肌

 
肌質に分けて、化粧品など選ぶと思いますが、
肌力をつけ、肌の代謝(ターンオーバー)を正常に近づけてあげれば、
乾燥肌も、オイリー肌もそれにツブツブなども、普通に戻ります。

 

なので出来るだけ石けん素地100%の石けんを選んで洗うのが一番。

 

ですが、いままでと同じ感覚で洗顔すると、
最初は乾燥するので、保湿成分が配合させた(それも天然のね)石けんを選ぶと、
だんだんと慣れてきますよ^^

 

 

 

正しい洗顔石けんの選び方│洗浄力+保湿力を持つ洗顔石けんがベスト!!

正しい洗顔石けんは、成分・製法によって違います。

 

本物の洗顔石けんの成分であれば、基本それを選んだ方がいいです。
本物の石けんについては、ちょっとまとめてありますので、
参考に読んでみてくださいね。
洗顔石けんで肌をリセット│本物の洗顔石けんってなんだ?

 

洗顔剤は、使用成分(もとになる石けんの成分のことですね。)を表示する義務があります。
パッケージやメーカーのサイトなどに公表されているはず。

 

成分表に書かれていない原料が含まれていないモノを「純石けん」といいます。

 

また、成分表にたくさんの記述がある場合、
成分の配合の多い順に記述されているみたいです。

 

いまって、洗顔石けんにも美容成分がたくさん配合された石けんもたくさんあります。

石けんの主要成分である石けん素地に、ミネラルやクレイなどの汚れを吸着する成分
のほかに、天然オイル系で洗った後の乾燥を和らげるものがとっても多いです。

 

肌力がついていない段階では、洗浄力と保湿力を兼ね備えた洗顔石けんが、
理想的な洗顔石けんといえると思います。

 

肌に負担のかからない成分の石けんを使うと、
美肌力は格段にアップしていきます。

 

もう一度洗顔石けんを見直してみませんか?
参考にしてくださいね♪

 

 

 

  • ランキングに参加しています。

今日の記事、お役に立ちましたか?


あなたのぽちっとが、元気のミナモトです!!

コメントを残す

このページの先頭へ