海外ドラマ

美肌のためにはジェルorミルククレンジングどっちを選ぶ?

すっぴん美肌のためには、本当はクレンジングを止めたほうがいいんですが・・・
っていう私も、クレンジングを止めるまでは使っていましたが・・・

 

50代ともなると、肌力は弱っているので極力クレンジングは洗浄力よりも、
保湿力で選ぶことにしていました。

 

洗浄力が弱いジェルにするかミルククレンジングにするか?
どっちだ????

 

 

 

美肌のためにはジェルorミルククレンジングどっちを選ぶ? クレンジングは、メイクを落とすだけではなく、
1日の汚れを落とす・・・
ということも含まれますよね。

 

肌をクリアにしてあげるということは、
もっとも大事なこと。

 

 

 

それだけではなく、気持ちよさも一緒に味わうことで、
女性ホルモンを刺激して、リラックス状態にしてあげるとお肌も喜ぶみたいですよ。

 

 

メイクが薄くなっていったり、ミネラル・オーガニックなどの、
パウダーファンデを使うことで、洗顔石けんで汚れを落とせるようにはなりますが、
やっぱりクレンジングでないと、メイクって落とせないんじゃない?

 

って思っている方の方が多いです。

 

45歳以上のお肌は、肌育していれば育っているんでしょうが、
そうではないお肌には、クレンジングて強いんですって。

 

一番弱いというか、洗浄力よりも保湿力があるアイテムが、
ジェルクレンジングかミルククレンジングです。

 

 

ブランドによって、成分の違いやポリシーなどを知って使うと、
そうなんだ!!って言うことに気づかされます。

 

 

ブランドポリシーは、よーくチェックするといいですよ^^

 

ジェルとミルククレンジングどっちを選ぶ?

ジェルタイプの特徴

ジェルタイプは保湿性が高いものが多いです。
ブランドによって違いはありますが、オイルフリーのモノや、水だけというのも
あったりします。

 

さっぱりとした感じを一番受けるかもしれません。
それにテスクチャーも伸びやすいということもあり、
肌への摩擦は軽減されます。

 

ミルクタイプの特徴

ミルクタイプのモノは、とにかくお肌に優しいです。
刺激も少なく、大人のトラブルな肌にはとってもいい!!
ただ、濃いメイクだと洗浄力が弱いので落としキレイな場合もあります。
ナチュラルメイクであれば、問題なく汚れも落ちます。

 

ジェルタイプとミルクタイプで共通している事は、
洗浄力は弱いものの、お肌にとっては負担がかからないということですね。

 

まず素肌をキレイにすることを考えた場合に、
メイクを薄付きにすれば、ジェルタイプでもミルクタイプでも、
どちらも使えるということです。

 

クレンジング・洗顔の見直しって結構奥が深いのよね。

 

最終的には、テスクチャーや香りで決めるのもよしです。
お肌に負担をかけないような、クレンジングを選びましょう。

 

 

 

 

  • ランキングに参加しています。

今日の記事、お役に立ちましたか?


あなたのぽちっとが、元気のミナモトです!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ