海外ドラマ

毛穴ケアも遺伝子レベルで改善出来る美容液の効果とは?

毛穴が黒ずむ、開く!という原因は、
これまたいろいろあるんですが、
研究でわかってきていることがあります^^
 
それは、【遺伝子】にも関係するとか?
ご存知でしたか?
 

遺伝子の影響で、毛穴も開いたり黒ずんだりするらしい。
どういうことなのか?
ご紹介しますね^^

 

 

誰でも持っている【遺伝子】肌遺伝子とは?

毛穴ケアも遺伝子レベルで改善出来る美容液の効果とは?
 
【老化遺伝子】というのを、ご存知でしょうか?
遺伝子というは、私たちのカラダを構成する【タンパク質をつくる設計図】のようなもの。
 

肌・骨・皮膚・骨・内臓など、
私たちのカラダを構成するには、様々な種類のタンパク質が必要なんですよね。
 

肌にとっての遺伝子というのは、
まさに、若々しい美しい皮膚をつくる設計図の事ですね。
 

ですが、加齢やストレス・紫外線など、
外的・内的要因などから、遺伝子や細胞が傷つき、
肌老化や酸化のスピードが速まるらしいです。

 

肌の老化を進めないためにも、
皮膚細胞を、傷めないことが重要課題!!

 

何をすればいいのでしょうか?

 

 

肌老化を進ませない!遺伝子を傷つけないポイントとは?

肌老化は、遺伝子や細胞を傷づけないことが、
一番のポイントとなります。
 

どのようなことに気を付ければいいのか?
コチラの詳しく書いてありました。

  • 皮膚細胞が栄養不足になって、早く老化しないように、バランスの取れた食事で栄養を補給する。
  • 食事から摂った栄養が肌まで届くように、血液の流れを促進する。
  • 紫外線による光老化を予防するための日焼け対策を万全に行う。
  • 紫外線やストレスなどを過剰に受けて、活性酸素を発生させない。
  • 皮膚細胞に発生した活性酸素は、速やかに除去する。
  • ニキビや吹き出物など、肌荒れによる皮膚の炎症を起こさない。
  • 肌の新陳代謝の周期が乱れないように、代謝が活発な夜10時から2時くらいまでの間は寝るようにして、
    十分な睡眠をとる。
  • 運動や入浴などで、汗をかいたり、血行を促進して、老廃物を溜めないようにする。

※出典:Allabout Beauty

 

どうでしょう?
食生活や生活習慣で、ある程度遺伝子を傷つけない方法は、
理解できると思うんですが・・・・

 

生活習慣の改善や、食生活を変えることなど、
「やらないとな・・・・」と思っていても、
なかなかできることではありません。

 

それに、即効性というのは、
あまり感じませんよね?

 

スキンケアも、すぐに成果が・・・というのも、
なかなか難しいですが、やはり目に見えたほうがいいじゃないですか!

 

毛穴の遺伝子レベルでケア出来る美容液が、あるんです!!
おススメしている毛穴専用美容液【ソワン】です。

↓   ↓   ↓
ソワン

 

 

 

30代から始まる肌老化!50代に入っても間に合います!

30代から徐々に始まる肌老化。
 

50代なので・・・・とあきらめないで!!
 

老化遺伝子の暴走で、ますますひどくなる肌の毛穴。
それを抑える役割をする成分が【アーティチョーク】
 

アーチチョークには、アンチエイジング効果が高い、抗酸化作用があります。
それに加え、シナロピクリンという物質が、
毛穴の目立たせている老化遺伝子の暴走を、抑制する働きがあるそう!!
 

毛穴専用美容液【ソワン】には、
アーティチョークエキスが配合されていて、
遺伝子レベルで、毛穴ケアを実現できるみたいですよ^^

 

その他の成分は、50代の肌にも嬉しい成分がたっぷりね。
だからなのか・・・・
 

つけるたびに、毛穴がギュッと締まる感じがするのね^^
 

実際に使ってみたんですが、
まだ数日ですが、毛穴だけではなく、
より明るい肌に変わってきたような気がしますよ^^
 

ファンデーションを塗らない私なんですが、
毛穴が目立つから、逆にファンデーションを塗らない!
という感じなんですね。

 

ですが、ファンデーションを塗らなくても、
毛穴が目立たない方が、素肌がキレイに見えるじゃないですか?

 

毛穴用化粧下地を使わなくても、
【ソワン】を使えば、毛穴レスになれそうな実感がしています。

 

毛穴全般で悩んでいる方に、
実際に実感していただきたい美容液です。
トリプルケアができる毛穴専用美容液【ソワン】

 

定期コースはとてもお得ですよ^^
回数の縛りがないので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

  • ランキングに参加しています。

今日の記事、お役に立ちましたか?


あなたのぽちっとが、元気のミナモトです!!

コメントを残す

このページの先頭へ