海外ドラマ

洗顔石けんで肌をリセット│本物の洗顔石けんってなんだ?

洗顔石けんで肌を元の肌にリセットできるのであれば、
こんなにステキなことはない!!・・・

 

でも、石けんで本当はどうなんだ?
ということで、本物の洗顔石けんとはなんだ?って調べてみました。

 

 

 

洗顔石けんで肌をリセット│本物の洗顔石けんってなんだ? 洗顔石けんには、洗顔石けん・洗顔フォームと2種類に分かれますよね。
(大雑把にいいますと・・・・)

 

 

 

石けん(固形)とフォーム(クリーム・ジェル状)にするには、
それぞれ、石鹸の製造方法が違います。

 

石けんの製造方法なんて・・・・って思うかもしれませんが、
高額な石けんって、だいたいが手作業の製法を使っています。

 

機械で作られている石けんは、大量生産出来る反面、
天然成分を含めることがなかなかできないという現実もあるみたい。

 

私も洗顔石けん派なので、本当に大丈夫?とか思っているんですが、
本物の石けんってどんなんでしょうか?

 

 

えっ?弱酸性ではない?アルカリ性が本当の洗顔石けん!

本物の洗顔石けんというのはどういうものなのか?
っていうと、アルカリ性のモノだけが石けんと呼ばれているモノらしいです。

 

人間の肌の表面は弱酸性。

 

その成分に近い弱酸性の洗顔フォームを使うと、
なめらかで、肌のさわりがよくなります。
だから「弱酸性は肌に優しい」ということになります。

 

逆に、アルカリ性の石けんを使うと、最初こそ肌がガビガビするのですが、
時間が経つと、乾燥もガビガビも治まってきます。

 

なぜならば、肌にはアルカリ中和能というものが備わっているそうです。
なので、アルカリ性の石けんで洗顔してアルカリ性に傾いていても、
洗顔には水が必要なので、水を使っているうちに本来の酸性に戻る働きをするんですね。

 

弱酸性の洗顔石けんや洗顔フォームで洗顔し続けると、
表面はさらさら・・・が続くかもしれませんが、
皮膚の中は乾燥する、インナードライになっていくらしいです。

 

アルカリ性の石けん素地100%に近い、石けんが本物の洗顔石けんといえますね。

 

 

無添加と完全無添加は違うので!!

化粧品でも、無添加化粧品・自然派化粧品など、
肌に優しい感じ?の表現が多いですが・・・・

 

石けんの無添加と、完全無添加は違うので!!ちょっとチェックしておきましょう。

 

石けんの完全無添加は、合成界面活不使用は当然ながら当たり前で、
化学合成物質を一切使わず、色素・香料なども添加物がない成分で作られたものを、
完全無添加といいます。

 

無添加という表記の場合、1つでも無添加のモノを使っているとしても、
無添加と表記される場合があるそうです。

 

じゃー完全無添加のモノを・・・・とそんなに気にしすぎても、
ストレスを感じるだけですよね。

 

洗顔石けんなどは、パッケージの裏やサイト上に、
成分表の記載がしっかり書かれています。
(書かれていないモノはどうかしら?って思えばよしです。)

 

その中で、怪しい成分があるものがあれば、止めればいいし、
肌が乾燥気味の方は、石けんの製法によって保湿成分が配合されているものを
選べばよしですよね。

 

洗顔石けんを調べると、本当に面白いです。

 

自分でも洗顔石けんを使ったり、ご紹介する上で必要なこと!!
って思って調べてみました。

 

石けんの製法や成分によって、肌により負担のかからない石けんを使いたいし、
ご紹介してければと思います。

 

参考にしてくださいね。

 

 

 

  • ランキングに参加しています。

今日の記事、お役に立ちましたか?


あなたのぽちっとが、元気のミナモトです!!

コメントを残す

このページの先頭へ